測量設計業に係る調査研究、研修会の開催、普及、啓発等に関する事業を行っています




事務所アクセス

640-8281 
和歌山市湊通丁南1丁目
3番地1
ル・シャトー真砂4F

TEL
(073)431-2370

FAX
(073)428-3012
E-mail
info@wasoku.jp




◆JR「和歌山駅」より
タクシー 約10分
バス 約10分(2番乗り場)
  「県庁前」バス停下車
 (バス停より約300m・徒歩約4分)


◆南海和歌山港線 「和歌山市駅」より
タクシー 約5分
バス 約10分(9・10番乗り場)
  「県庁前」バス停下車
 (バス停より約300m・徒歩約4分)



新着情報

2018/07/20
会員専用ページ
平成30年度有資格技術者実態調査結果を掲載いたしました。

協会目的

和歌山県内における測量設計業者が組織し、測量設計業に係る調査研究、研修会の開催、普及、啓発等に関する事業を行い、測量設計業界の健全な発展、地位向上を図るとともに、社会資本の建設等の推進に貢献し、もって和歌山県の産業の発展、及び公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

会長ごあいさつ

平素から、当協会の諸活動に対しまして、ご理解とご支援を賜りまして、厚くお礼を申し上げます。
 
近年、気候変動による猛烈な台風や線上降水帯の豪雨が、各地で猛威を振るっています。平成29年7月九州北部に12時間で900㍉という猛烈な雨を降らせ、先の熊本・大分地震の災禍が癒える間もなく、更に甚大な被害が発生し尊い人命が失われました。
当県では、激甚災害となった平成23年9月の紀伊半島大水害以後も、豪雨で毎年のように多くの公共土木施設等が被害を受けており、当協会は各管理者と共に、その復旧業務に全力で対応してまいりました。
 
さて和歌山県は、平成29年度から始まる新しい「和歌山県長期総合計画」を策定されました。これは、相次ぐ大規模災害の発生や急激な人口減少社会の到来、経済のグローバル化や情報通信の進歩といった、環境変化に対応するためであり、その最大のテーマは、全国より早く進む人口の減少ペースにブレーキをかけることです。
その最も重要な施策は、「しごとを創る」であります。「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込むと云うサイクルを確立させると共に、多様な若者のライフスタイルに合った職業の選択肢を広げ、定住を促進させることにより、期間内に35,000人の減少をくい止めるとしています。
折しも、私どもが携わる測量設計業は、今後多くの公共インフラが直面する老朽化問題で、点検やメンテナンスのみならず耐震化や長命化対策の分野において、企画・立案、設計から施工計画・発注支援に至るまで、大きな役割を担っています。この様に裾野が広く、若者が、やり甲斐を持ってうち込める仕事として、この「しごとを創る」職業選択の一翼を担えるものと自負しています。
 
一方、当業界を取り巻く環境は、新規公共投資の縮減による測量設計業務量の減少や、低価格入札など厳しい状況下ではありますが、若者が活き活きと楽しく生活できる「愛着ある元気な和歌山」を実現するため、引き続き優秀な測量・設計技術者の確保と育成を行いつつ、品質向上に最大限の努力を払ってまいります。
また、県土強靱化の担い手としての役割を果たし、今後起こりうる地震・津波等の大規模災害の発生直後にも素早く業務再開ができるよう、全会員が「BCP」を策定することや「県道路啓開協議会」・「大規模津波防災総合訓練」に参加する等、自助力・共助力のアップを図り、地域の皆様に貢献したいと考えております。
 
最後になりますが、2018年は先輩方のご努力のお陰で、本協会が創立50周年を迎えることになりました。これはひとえに関係者の皆様の、ご指導ご鞭撻の賜物に他なりません。あらためまして衷心より感謝申し上げます。
この節目にあたって、私たち測量設計業協会は「感謝と共にこれからも!」を全員の合い言葉として、今後も地域に根ざし、地域に貢献する技術者集団として、その社会的使命を存分に果たしてまいります。
関係者の皆様には、今後も当協会になお一層のご指導とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。